Left Category

「差別する人はコレを見ろ!」電車で撮られた写真が、心に突き刺さる

世界中からいろいろなモノや人が集まって来る街、ニューヨーク。 当然、宗教や民族も入り乱れています。 これまでのアメリカには『さまざまな価値観や特色を受け入れ、共存する』という印象がありました。 しかし、残念なことに最近では「異教徒はアメリカから出て行け」「あの民族はアメリカに必要ない」といった声が上がることも珍しくありません。 「異なる価値観を受け入れるアメリカは、もう消滅してしまったのか?」 そんなことを思っていた多くのアメリカ人を勇気付ける1枚の写真が、Facebookに投稿されて注目を集めています。 「これぞアメリカだ!」と多くの拍手が寄せられた写真とは、一体どのようなものなのでしょうか。 地下鉄で撮影された写真に『差別』はなかった! なる宗教を信じる人たちの思いやり 写真を撮影したのは、ブルックリンに住むジャッキー・サマーズさんという男性。 自身のFacebookページに、こんなメッセージと共に投稿しました。 道教徒である私は、ユダヤ教徒のカップルが一緒に座れるように席を譲ったんだ。 すると、そのカップルは赤ちゃんを連れたイスラム教徒の母親が座れるように、と席を詰めてくれた。 イースターの日曜日の出来事。 その人をありのまま受け入れる…これこそがアメリカなんだ。

Read more

Right Category

「差別する人はコレを見ろ!」電車で撮られた写真が、心に突き刺さる

世界中からいろいろなモノや人が集まって来る街、ニューヨーク。 当然、宗教や民族も入り乱れています。 これまでのアメリカには『さまざまな価値観や特色を受け入れ、共存する』という印象がありました。 しかし、残念なことに最近では「異教徒はアメリカから出て行け」「あの民族はアメリカに必要ない」といった声が上がることも珍しくありません。 「異なる価値観を受け入れるアメリカは、もう消滅してしまったのか?」 そんなことを思っていた多くのアメリカ人を勇気付ける1枚の写真が、Facebookに投稿されて注目を集めています。 「これぞアメリカだ!」と多くの拍手が寄せられた写真とは、一体どのようなものなのでしょうか。 地下鉄で撮影された写真に『差別』はなかった! なる宗教を信じる人たちの思いやり 写真を撮影したのは、ブルックリンに住むジャッキー・サマーズさんという男性。 自身のFacebookページに、こんなメッセージと共に投稿しました。 道教徒である私は、ユダヤ教徒のカップルが一緒に座れるように席を譲ったんだ。 すると、そのカップルは赤ちゃんを連れたイスラム教徒の母親が座れるように、と席を詰めてくれた。 イースターの日曜日の出来事。 その人をありのまま受け入れる…これこそがアメリカなんだ。

Read more

「差別する人はコレを見ろ!」電車で撮られた写真が、心に突き刺さる

世界中からいろいろなモノや人が集まって来る街、ニューヨーク。 当然、宗教や民族も入り乱れています。 これまでのアメリカには『さまざまな価値観や特色を受け入れ、共存する』という印象がありました。 しかし、残念なことに最近では「異教徒はアメリカから出て行け」「あの民族はアメリカに必要ない」といった声が上がることも珍しくありません。 「異なる価値観を受け入れるアメリカは、もう消滅してしまったのか?」 そんなことを思っていた多くのアメリカ人を勇気付ける1枚の写真が、Facebookに投稿されて注目を集めています。 「これぞアメリカだ!」と多くの拍手が寄せられた写真とは、一体どのようなものなのでしょうか。 地下鉄で撮影された写真に『差別』はなかった! なる宗教を信じる人たちの思いやり 写真を撮影したのは、ブルックリンに住むジャッキー・サマーズさんという男性。 自身のFacebookページに、こんなメッセージと共に投稿しました。 道教徒である私は、ユダヤ教徒のカップルが一緒に座れるように席を譲ったんだ。 すると、そのカップルは赤ちゃんを連れたイスラム教徒の母親が座れるように、と席を詰めてくれた。 イースターの日曜日の出来事。 その人をありのまま受け入れる…これこそがアメリカなんだ。 道教徒がユダヤ教徒に席を譲り、ユダヤ教徒はイスラム教徒のために席を詰める…まさに優しさの連鎖です。 しかも、この日はキリストの復活を祝うイースターの日曜日。キリスト教徒にとって、とても大切な日だったのです。 この写真に対し、絶賛のコメントが数多く寄せられます。 ・オレはアメリカのこういうところが好きなんだ。変わらないでほしいよ。 ・とても素晴らしい写真だね。ストーリーが感じられる。 ・宗教や民族で人を判断するなんてバカげている。差別主義者にこそ見てもらいたい写真だね。 残念なことではありますが、民族や宗教などで差別する人はいます。 しかし、多くの人にとって、民族や宗教の違いは些細なこと。 投稿者さんもいっているように『その人のありのままを受け入れること』が多くの国で求められていることなのではないでしょうか。

Read more

電気代が払えず暗闇で勉強が出来ない少年「それでも何とか…」この少年が取った行動はあまりにも衝撃的で世界に衝撃を与えた

《言い訳ではなく、方法を見つけよう》 「やりたいことや目標があっても、いまいちやる気が起きない。」 こんな人は、現代に多いのかもしれません。 そんな私たちの気を引き締めるような一つの出来事が海外で大反響を呼んでいます。 この投稿をしたのは、フィリピンのセブ島にある医科大学の学生、ジョイス・トレフランカさん。 たまたま通りかかった道での出来事だったそうです。 ジョイスさんにとって、あまりにも衝撃的な光景だったため、上記のメッセージを付けてフェイスブックに投稿しました。 その衝撃の写真はこちらです。 子供が一人勉強しています。 写真に写っている男の子はフィリピンのセブ島に住むダニエル・カブレラ君、9歳。 ダニエル君のお母さんは屋台で生計を立てているものの、電気代を払う余裕がないため家には明かりがありません。 そこでダニエル君は、明かりがあるマクドナルドの近くの歩道に座って宿題をしているのです。 机ももちろんなく、ベンチが机代わりです。 この投稿に対し、彼を賞賛する声がたくさん寄せられています。 ◯白人の中流階級であることが、どれだけ恵まれているのかが分かるよ。この子はこんな私なんかよりも、もっと幸せになるべきだ ◯子供たちがファーストフード店よりもっと良い場所で、勉強や宿題ができる環境を作るべき。 ◯彼にはいい未来が待っているだろう。 ◯カフェのソファで"疲れた"と試験勉強している自分を恥ずかしく思った。 ◯素晴らしいと思う反面、胸が痛む…。 この件で有名となったダニエル君は、地元のテレビ局が取材に来た際にこう話したそうです。 『ボクは将来お医者さんか警察官になりたいんだ』 彼には学ぶために必要とされる部屋、机、明かりがありません。 しかし、どうでしょうか。 本当に必要なものは、環境や物ではなく、目標に向かって突き進む真剣な想いなのかもしれません。 ましてや、こんなダニエル君の姿を見て言い訳なんてできません。

Read more

空港の保安検査場で個室に連れて行かれた彼。カバン内に隠し持っていたモノを知った私は驚きを隠せなかった…

昨年、彼と海外旅行へ行った時の出来事。 私は、海外へ旅行へ行くのは初めてで、彼が連れて行ってくれる事に。 そもそも飛行機に乗った事もなかったので、初めての空港で舞い上がっていました。 「飛行機落ちないかな…」と、初めての空の旅にちょっぴり不安も。 出発の時間になり、保安検査場に手荷物チェックへ。 先に私が通過し、出した荷物をカバンに入れながら彼を待っていると、保安員が彼を呼び出して何か話しています。 心配になって近寄って行くと、保安員が「これは何ですか」と、彼に質問をしています。 それは、彼のカバンから出てきた一つの茶色い箱。 何だろう?私も疑問に思ったので、彼の顔を見ると何やらとても焦っている様子。 「何もありません」そう頑なに言い張る彼に、保安員が怪しみ「ちょっとこちらへ来て下さい」と別室へと移動させられてしまいました。 そして、問いつめられた彼がその中身を出した瞬間、私は驚きのあまり言葉が出なくなってしまったのです… 「何もありません」と、保安員の質問に対して頑なに言い張る彼。 焦りながらそう言い張る彼に、私も少しおかしいな…と思っていました。 何もないのなら開けて見せればいいし、何でそんなに隠したがるんだろう…そうこうしている間に、飛行機の出発時刻がどんどん近付いてきます。 保安員も、明らかに何かを隠している様子の彼の態度に余計不審感を強め、ついに強制的に箱を開けると言い出しました。 彼も、さすがに観念したのか箱を開ける事を承諾。 ずっと側でやり取りを見ていた私は、何が入っているのか気になり彼が箱を開ける姿をじっと見ていました。 渋々箱を開けて中身を取り出した彼。 頑なに開ける事を拒否していた、その箱の中身は何と、婚約指輪だったのです。 何もないと言い張って隠していた理由は、旅先で私にプロポーズをしようと内緒で持ち込みたかったからなのだとか。 ごめん。 サプライズを計画してて、絶対にバレたくなかったんだ。 でも、これじゃもうサプライズにならないよな。 こんな場所でになっちゃうけど、俺と結婚してほしい。 保安員から箱を返してもらい、指輪を取り出すと彼はそのまま保安検査場の個室でプロポーズをしてくれました。

Read more

中国人の学生が日本のトイレを見て愕然とした…その理由とは一体。

近年目覚ましい発展を遂げている中国。 しかし大枠的な部分の発展は遂げていても、細かな部分についてはまだまだ追いつかず課題が残されているようです。 なかでもトイレの衛生問題は兼ねてより問題視されていました。 そして最近、北京市に「第5空間」という名のトイレスペースが設けられました。 このトイレスペースでは冷房が完備され、自動販売機や銀行のATM、無料のWi-Fi、電気自動車の充電スペースまで設置されているそうで、中国においてのトイレへに対するイメージを一新する狙いが見えます。 そんな中、大連大学日本言語文化学院の杜洋洋さんという方が日本で体験したトイレ掃除にまつわる出来事を作文に綴っています。 その文中には私たち日本人には気づきにくい、日本の良さや優しさが綴られています。 中国人の心に響いた日本のトイレで体験した出来事とは一体どんなものなのでしょうか。 杜洋洋さんが実際に綴った作文でご覧ください。 先日の授業の時、クラスメートが植村花菜さんの「トイレの神様」という歌を流してくれた。 「トイレには綺麗な女神様がいるんやで、だから毎日きれいにしたら、女神様みたいにべっぴんさんになれるんやで」とおばあさんはトイレ掃除が苦手な孫娘に言った。 この歌詞を聞いて、涙がぽろぽろ流れてきた。そのメロディーを聞いているうちに、私は目の前に一つの画面が浮かんできた。 ちょっとだけの白髪から見ると、40歳を過ぎたおばさんのようだ。 彼女はしゃがんで、雑巾でトイレの便器をごしごし磨いていた。 よく考えたら、それは、私が日本の山梨県で旅行して見た場面だと思い出した。 ある日、旅館でトイレに行く時、屈んで便器を磨いているトイレ掃除のおばさんの姿を見た。 その時、私はあまりにびっくりして、口が閉じられなかった。 トイレ掃除はただモップをかけるぐらいだと思っていた。 そして、多くの中国人にとって、雑巾でごしごしパブリックな便器を磨くことはありえないだろう。 びっくりした以外に、敬慕や感心という気持ちが知らず知らずのうちに沸き起こった。 そうすると、どうして日本のトイレはいつもきれいなのか理由が分かった。 その後、何回もトイレであのおばさんに会った。 おばさんはいつもマスクをかけて、ゴム手袋をしていた。 会う時、おばさんはいつも親しく「こんにちは」とあいさつしてくれた。 私は日本人の心を込めたあいさつが大好きだから、トイレ掃除のおばさんにとても好感を抱くようになった。

Read more

ビートたけしが30年以上続けてきた幸運を呼び込む方法。その方法に誰もが納得。

「ビートたけし」こと「北野武」さん。 昭和55年に起こった”漫才ブーム”でブレークし、今では”お笑いBIG3”の一人と言われ、テレビで見ない日はないほどの大人気で、実力もある大御所のお笑い芸人です。 お笑い芸人としてだけではなく、映画監督として「世界の北野」と讃えられたりなど、色々な分野で才能を発揮していますね。 武さんのお弟子さんや付き人は、”たけし軍団”と呼ばれるほどたくさんの人が彼を慕い、人望も厚いことが伺えます。 つまり「大成功をしている人物」という事。 しかし、世の中には才能があっても成功できない人はたくさんいるかと思います。 つまり、成功するのには、才能だけではなく、運も必要だということ。 そんな運を味方にするために、武さんが実際にやってきたことが多くの人の共感を呼び話題を集めたことをご存知でしょうか。 今回、そんな武さんの30年以上行い続けてきた「運を呼び込む」方法をご紹介します。 ある有名人が以前テレビでこんなことを言っていたそうです。 自分はくだらない番組をやっても視聴率が上がる。 自分では面白いと思わないのに小説を書くと売れる。 絵を描いても良い絵だと評価されて、美術館だとかに収蔵されたりする。 映画も自分の楽しみの一つとして創っていたら入賞してしまったり、グランプリに選ばれたりする。 自分としては好き勝手やっているだけで、人よりも才能があるとは思えない。 でも、何をやっても、全部評価されてしまう。 「おかしい」 よく考えてみても、自分の才能でそれらをやれるわけがない。 ただ、心当たりはたった一つだけある。 それは、若いころ師匠に、
「トイレをきれいに掃除しろ」
と言われてから30年以上ずっとトイレ掃除をやり続けてきた。ロケに行ったときなどは公園のトイレがグチャグチャでも、自分が使ったあとは必ずきれいにするようにしている。時には隣のトイレまできれいにして出てくることもある。 もちろん掃除用具を持って歩いているわけではないので、トイレットペーパーを使ってとかあるいはトイレットペーパーがないトイレでは、素手でもやるとのこと。 そういうのを30年以上ずーっとやり続けてきた。 この話をした有名人と言うのは 何を隠そう、北野武(ビートたけし)さんです。 人気ある芸能人、大企業の社長など成功者の中にはトイレ掃除を大切にしてきた方々が多く存在します。

Read more

「感動した!」の声続々。ネットで話題を呼んだ”正範語録”の言葉が核心を突き過ぎて心に響く。

ソーシャルメディア上で話題を呼んだ正範語録。 多くの人が、「深い」「グサッときた」「いい言葉」「感動した」と共感したこの語録ですが、作者は不明。 あまりにもいい言葉が書いてあるので、多くの人がどの時代のどんな人がどんな背景があって書いた言葉なのだろう…と文献やネットを駆使して探し出そうとしていたようですが、誰も作者を突き止めることは出来なかったのです。 「渡辺勇治」「湯城豊勝」「後藤静香」ではないかという説も出ていたようですが、どうやらこれも違うという見方が強いようで、今一番有力な説は一人の作者ではなく、”何人かの作者”によって練り上げてつくられた語録ではないかというもの。 一つの語録でこんなにも多くの人の推測を飛び交わせた語録とは一体どんなものなのでしょうか。 その多くの人の共感を呼んだ有難いお言葉をご覧ください。 こちらが”正範語録”です。 実力の差は努力の差 実績の差は責任感の差 人格の差は苦労の差 判断力の差は情報の差 真剣だと知恵が出る 中途半端だと愚痴が出る いい加減だと言い訳ばかり 本気でするから大抵のことはできる 本気でするから何でも面白い 本気でしているから誰かが助けてくれる 忘れかけていた大事なことを気付かせてくれる、心にグサッと突き刺さる言葉ですね。 今やこの”正範語録”は多くの企業の心得として掲げられてもいるのだとか。 確かに実際に読んでみると多くの人から共感を得た理由が分かります。 一度見て「いい言葉だなあ」と思って終わりにするのではなく、何度も読み返して人生の教訓にしたい語録ですね。

Read more

レディー・ガガがアルバムPR会見中に大粒の涙… その理由は贈られたプレゼントにありました。

2016年11月2日に新アルバム「ジョアン」のプロモーションのために来日したレディー・ガガさん。 彼女は親日として知られており、震災などの日本の非常事態時に多大な支援をし、多くの人を励ましてくれました。 そんなレディー・ガガさんが、今回のプロモーション会見時にプレゼントをもらった際に大粒の涙を流し、大きな話題を集めました。 世界の歌姫、レディー・ガガさんが涙を流すほどのプレゼントは一体…? 話題を集めたのはこちらの映像です。 レディー・ガガさんは会見の終わりに、レコード会社から「着物」をプレゼントされました。 世界各国を回るレディー・ガガさんは今まで数多くのプレゼントをもらってきたことだと思います。 そんな彼女の目から感動の涙が溢れ出すことに…。 ピンクの着物を受け取り、涙を流しながらレディー・ガガさんは、 「ありがとう、とても美しいわ」 とコメント。 どんなにスターになっても、プレゼントをもらった時に感謝をする心を忘れない彼女の姿勢に多くの方が称賛を送ることに。 優しさがにじみ出てる ・とても心が美しい人だ ・プレゼントを量や質で受け取る人ではなく、気持ちで受け取る人なんだと思いました ・アーティストとしてはもちろん一人の人間として本当に謙虚で素敵な人だ レディー・ガガさんは今回の会見時に、 「日本にまた戻ってこれて嬉しいです。日本からアメリカに帰るときはいつも寂しくなりますし、今回、改めて私が日本のことをどれだけ愛しているかということに気付かされました」 とコメント。 この言葉から日本を大切に思ってくれていることが伝わってきます。 震災を受けた日本に多大な支援をしたレディー・ガガさん。 その美しい心が世界中を魅了しているのでしょう。 そんなアーティストとしてだけではなく、人間としても素晴らしい彼女の美しすぎる涙の瞬間をご紹介しました。

Read more

夕暮れの検問中、夫婦と子供が乗る車に違和感を感じた警官。後ろに座る子供の異変に気付いた時、違和感の正体を知ってしまった

ナダで実際に起きた事件で、世界各国のメディアが取り上げた出来事。 この街では犯罪が多発し、頻繁に悪質な犯罪事件が起きていた。 犯罪の未然防止と撲滅に乗り出した警察は、徹底的な捜査を開始。 大規模な検問や大人数の警察官を動員させて 対応していたそうです。 各地に設置されていた検問所の一カ所で、その事件は起きました。 警察官数名で担当していた検問所。 ニ列形式に車を誘導し、運転手に簡単な質問をして中の手荷物をチェックするといった簡易的な検問内容だったそうです。 中には、警察官の判断で「不審ではない」と判断した人に対しては手荷物チェックはせずに通していたのだとか。 日も沈み終了の時間が近付いて来た時、一台の車が検問所へ。 車の前席には、感じの良さそうな仲の良い夫婦が運転席と助手席に座り、後部座席には子供が一人座ってた。 警察官:こんにちは。今日はどちらへ? 夫婦:今から夜ご飯の買い物へ行く所ですよ ニコニコしながら温和に話すその夫婦の様子を見て、この警察官は「感じのいい人だな」そう思ったそうです。 しかし同時に、少し違和感も感じたそう。 荷物のチェックはしなくても大丈夫そうだな、と判断した警察官は夫婦の乗る車をそのまま通そうとしました。 その時、ふと後部座席の子供に目をやった瞬間、この”感じの良過ぎる夫婦”の謎に気付いてしまったのです… 地域全体に大人数の警察官を動員して実施されていた検問。 この検問は、未然に犯罪を防ぐ事と逃亡中の犯罪者逮捕を目的として各地に配置されました。 約6時間にも及ぶ検問も、もうすぐ終了しようとしていた時… 一つの検問所に一台の車が近付いて来た。 どこか違和感の感じる、夫婦と一人の子供。 しかし、質問にはしっかり答える様子と感じのいい夫婦だったため警察官も荷物チェックをするまでもないと、検問所を通そうとしました。 しかし、ふと後部座席の子供に目をやるとその子供の様子がおかしい事に気付きます。 声は出さずに、何やら警察官の方を見て話しかけています。 子供が何をしているのか最初は分からなかった警察官も、その意味をすぐに察しました。

Read more

「入院して二ヶ月、もうだめだ」病院のトイレのドア書かれていた一つの落書き。二週間後、再び同じトイレに入ると、ドアが落書きで埋め尽くされていた

とある男性が大きな病院に通っていた時に目撃した、一つの光景。 その病院のトイレに入り、扉を閉める男性。 すると、その扉の裏に、一つの落書きが書いてあったのでした。 『入院して二ヶ月 直らない もうだめだ』 そこには、病院という場所で見るにはあまりに心苦しい、切実な落書きが書かれていたのです。 何か病気を患っていると、とても気持ちは落ち込むもの。 公共の場に落書きというのは決して良いことではありませんが、この落書きをしてしまった人も、自分の命の危険を感じる絶望的な状況だったからこそ、誰にも吐き出せない不安を落書きという形で吐露したのではないでしょうか。 そんな書き込みを見た男性。 二週間後、通院のために再び病院に訪れます。 そしてトイレを利用した時・・・ その男性は、驚きの光景を目にするのでした。 落書きのことなど忘れていた男性。 たまたま同じトイレを利用し、扉を閉めます。 すると・・・ その扉には、落書きがたくさん埋め尽くされていたのです。 そこには、こんな落書きが書き込まれていたのでした。 『頑張れ』 『へこたれたらアカン』 『雨のち必ず晴れ!』 『必ず良くなると信じてる!』 『夜明け前が一番暗い』 『僕もよく分かる。でも負けずに笑おうよ』 『入院して二ヶ月 直らない もうだめだ』 このトイレに書き込まれた一つの落書きに、多くの人が励ましの落書きを描きこんでいったのです。 その後、トイレはペンキを塗り直されており、ドアは新しい色に変わりました。

Read more

「あなた、見失っているものはありませんか?」人生の中で大切なものは何かを気付かせてくれる心に響く文章。

私たちは日々忙しい毎日を送る中で、仕事や趣味にエネルギーを注いでいます。 その一方で後回しにされ、忘れられかけている事もあるのです。 そのことについて辛辣に語った人物がいました。 その人物とは、辛口ジョークで人気を博したアメリカのコメディアン「ジョージ・カーリン」。 彼は2008年、71歳の時に心不全でこの世を去りましたが、生前最愛の奥さんを亡くした時にボブ・ムーアヘッド牧師の説教を引用し、友人に送ったとされるメールの内容が話題となりました。 人生において本当に大切なことはなんなのか。 日々忙しく生きる私たちに、一度立ち止まり自分の生き方を見直すキッカケを与えてくれる、”強く”それでいて”そっと優しく”語りかけてくれているような心揺さぶられる言葉です。 長い言葉ですが、きっと忘れかけていた大切なことを思い出させてくれるキッカケを与えてくれることでしょう。 以下訳文 ビルは高くなる一方だけれど、人の気は短くなる一方。 高速道路は広くなったけれど、人の視野は狭くなった。 お金はじゃんじゃん使っているが、得るものは少ない。 物は買いまくっているものの、楽しみは少なくなるばかり。 家は大きくなったが家族のかたちは小さくなり、ずっと便利になったのにも関わらず、私たちには時間が無い。 学のある者は増えたが常識がある者はめっきり減り、その道のプロフェッショナルと呼ばれるやつが増える一方で問題は一向になくならない。 薬が増えたのに、病気がなくなる気配はない。 飲み過ぎ、吸い過ぎ、浪費に走る。 それなのにほとんど笑うことはないし、スピードを出し過ぎるし、すぐに怒る。 夜更かしをし過ぎるあまり、朝起きた時にはすでに疲れている。 読書しなくなった分テレビばかり、そして祈ることもめっきり少なくなった。 たくさん物を持つ、その一方で物の価値が目減りする。 私たちはおしゃべりが過ぎる。 愛するということを滅多にしなくなって、いつのまにか憎むことばかりが増えていった。 私たちは生計の立て方は学んだが、生きることを学んでいないのだ。 寿命が増えただけで、真の意味で生きてなどいない。

Read more