【FLASH】二階俊博氏に20年で50億円!緊急事態起きたら選挙中止…サッカーW杯の裏で政治家が好き勝手


二階俊博氏に20年で50億円!緊急事態起きたら選挙中止…サッカーW杯の裏で政治家が好き勝手
記事によると…
・政党から政治家個人に渡る「政策活動費」は、使い道を明らかにしなくていい「領収書がいらない」政治資金だ。

朝日新聞が2002~2021年の政治資金収支報告書を集計したところ、自民党の「政策活動費」は20年で総額約379兆円となっており、約5年にわたって幹事長を務めた二階俊博氏には、合計で50億6000万円が渡っていたという。

2016年8月~2021年9月までの自民党幹事長時代に約47億7000万円で、1回あたり30万~7210万円がおよそ160回にわたって支払われていた。

政策活動費だけではありません。現在、憲法改正をめぐり、衆院憲法審査会で、大規模災害やテロなど緊急事態における国会議員の任期延長について議論がおこなわれています。

自民、公明、日本維新の会、国民の4党は、緊急事態が起きた際、国会議員の任期延長が必要だと主張しています。つまりは、なにか起きたら選挙を “すっ飛ばす” ということです。

立憲は任期延長に関して党の賛否を明確にしておらず、共産党は反対する考えを示していますが、会期末まで残り2週間、『緊急事態の議員任期延長』を突破口に、憲法改正が現実味を帯びているのです」(政治担当記者)

W杯の盛り上がりの裏で進む政治家の動きに、SNSでも危惧する声が上がっている。

11/28(月) 20:20
https://news.yahoo.co.jp/articles/dab430d31a84712553476675a53b1638393c57f6

ネット上のコメント

・緊急事態条項は、何が何でも阻止しなければならない。マジでこれだけは絶対にダメ。与野党賛成多数で通過しちゃうわけだから、国民自らが阻止しなくてはならない。全ての日本人は目を覚ましてほしい。

・投票したって何も変わらないから行かない、じゃない。日本を潰しにかかる自民党を消すために投票しなければならない。

・国民から巻き上げた血税で私腹を肥やして、それでもまだ巻き上げようとする…欲の塊みたいな人たち。統一教会用語ではサタンと呼ぶのじゃなかった?

・定年や‼️辞めてしまえ‼️血税使い放題しやがって‼️

・何故 こんな事が許される?二階の資産を調査し没収すべきだろ

・財務省はん、ここに無駄あるやないですか

・二階、一日あたりに換算すると68万円。政策活動費が使途公表不要とか、いつまでこんな、裏金を生み出す異常なシステムを続けるんや。

0 Shares