EXIT兼近さん、観光客足止めのTVスタッフを批判「テレビって、けっこう嫌われ始めているというのを自覚した方がいい」

EXIT兼近、観光客足止めのTVスタッフを批判「嫌われ始めているのを自覚した方がいい」
記事によると…
・EXITの兼近大樹が19日放送の『ワイドナショー』に出演し、テレビ番組のスタッフが観光地のロケ撮影のため観光客の通行を妨げた問題についてコメントした。

・これに関して兼近は「テレビって、けっこう嫌われ始めているというのを自覚した方がいい」と指摘。「やっぱ邪魔ですよね、見てない人たちからしたら。なに意味分からないもの撮ってるんだよという感覚で僕もずっと生きてましたし、うるせえなとか思ってました」と話した上、「そのくせ横暴じゃないですか。一般の方とかゲストで出てくださるのに『場所ここだから』とかやって、芸人さんとかには『こちらです』みたいな。一般の人に配慮して我々には適当でいいのに、『テレビ様です』みたいに感じる」と、テレビ局の横柄な態度を批判した。

さらに兼近は「これは権利と権利のぶつかり合いじゃないですか。撮りたい人とその場所に行きたい、見たい人の。テレビはもう『ダメです』って言うんじゃなくて、『撮っているんですけど、どうしても見たいんだったらどうぞ』にして、撮れない時間があってもいい。待つ時間を作ってもいいのでは」と述べ、撮影よりも一般人の通行を優先させるべきと提言した。

2022年6月19日(日) 13時06分
https://www.rbbtoday.com/article/2022/06/19/199499.html

・既に手遅れになりつつあるけど、これを指摘したのは良い事なのかもね。つか、TVだけやなく、どの業界も自己中になったら終わりよ。
・正論ですね。
・嫌われ始めているのではなく、既に嫌われている。
・まだ自覚してなかったとしたらお気楽すぎ。
・「嫌われ始めてる」じゃなくて「ずっと前から嫌われ続けてる」が正しいと思います🤔まあオブラートに包んだだけかもですけど😅
・テレビは錯覚してるんだよ。我々は偉い、ってね🤨

・自覚してるなら、こうなってない。時すでに遅し

0 Shares