甲本ヒロトさん(57)、 “今の音楽”に思うこと「歌詞を聴きすぎ、文字で追いすぎ。僕らは音で全部聴いてた。意味なんかどうでも良かった」(動画あり)

ロックバンド、ザ・クロマニヨンズの甲本ヒロトが、21日に放送されたフジテレビ系バラエティ特番『まつもtoなかい ~マッチングな夜~』(21:00~23:10)に出演し、“今の音楽”に対して思うことを語った。

甲本は「若い人はみんないいと思う」とした上で、「アナログ世代とデジタル世代の違いで1カ所感じるのは、歌詞を聴きすぎ。僕らは音で全部聴いてた。意味なんかどうでも良かった。ロックンロールはものすごく僕を元気にしてくれたけど、元気づけるような歌詞なんか1つもないんだよ。関係ないんだそんなこと。でもデジタルになると、情報としてきれいに入ってきちゃって、歌詞を文字で追いすぎてるような気が、ちょっとだけする」と考えを披露。

マッチング相手の菅田将暉は「どういう意味なんだろうとか、すぐ調べられちゃいますからね。携帯で音楽聴いてても、すぐ歌詞を出せたりするんで、歌詞を見ながら聴いたりするのは増えましたね」と、思い当たる節あるようだ。

これを受け、松本人志は「今のすべてにおいてですけど、“完成されすぎている”ところがちょっと不満かなぁって、お笑いに関しても少し思うときはありますね。もっとスベってもいいのに」と、甲本に同調。

中居正広が「教科書が(ネット上に)どこにでも載ってる」と納得すると、甲本は「ぼんやりしてないんですよね。ぼんやりしてるとどこに焦点を合わせるかを自分で選べる。だけど1枚に(明確化)されると、みんなそれしか見れない。もっとぼんやりしていていい」… (略)

引用元ソース

https://news.mynavi.jp/article/20201121-1514760/

バルゴ
@altemis12
#まつもtoなかい
(初期)(パンク)ロックのカリスマ
甲本ヒロト
甲本ヒロトが「今の音楽」に思うこと
「アナログ世代とデジタル世代の違い」

「歌詞を聴きすぎ若い人は、アナログの頃、音で聴いていた」

あ。私は好きな(洋楽メタル)そう聴いてる。
音を楽しむってこと!

ヒロトってこんなおじいちゃんだっけ?

天才のくせに一般論を語るなよ

とりあえずサビを横文字にするんだろ
日本語発音でさ

それはもう90年代に捨ててきてほしかったね

えっ?昔の方が言葉を大事にしていたよ。阿久悠とか。

歌謡曲はそれで良いんだよ
そういうジャンルなんだから
フォークだって別にそれでいいよ

この人は考えずに書いてもはっとするような歌詞を書けるからでしょ
結果的に歌詞もものすごく評価されてきたじゃん

キスしてほしいはカラオケの定番だけどあとは聴いても中学生までだろ

時代の流れですな
70年代とかもそうだけど現代はメッセージ性の強い歌が求められてるのです
能天気な80年代とは違う

森進一の襟裳岬が良い例かもな
襟裳の春は何もない春ですだもんなw

襟裳岬!
あれもすごく良い歌詞だと思う
演歌興味ないのに単品で曲買ったもん

唐突に襟裳岬が出てくるのが好きじゃない
これ襟裳岬じゃなくても良いよねって思う

作詞家が実際に襟裳岬に行った時の体験をもとに書いているから襟裳岬でないと困る

今は異常に歌詞が長いんだよ

ブルーハーツやハイローズは全く好きになったことないけど
この歌詞に対する意見は完全同意

音楽で感じてこそなのに歌詞で全て伝えてしまったら蛇足になるもんね

どっちも大事やろ
わーっとノリで聴きたい時なら歌詞なんてなんでもいいけど歌詞の良い曲をじっくり聴きたい時もある

自分もほぼ音で聴いてるから洋楽はもちろん
邦楽の日本語詞すら頭に入ってこない

天才の考えは参考にならない

人にやさしくでガンバレ言ってやってたような

ほんと頭悪いやつが多いなw
歌詞全てを否定してるわけじゃなくて
ぼんやり聴く曲があってもいいと言ってるだけなのに

いやいやいや、シンプルかつ死ぬほど印象的な歌詞沢山残しといて何言ってんだよw
https://tsuisoku.com/archives/57417415.html

0 Shares