<人民日報>北京朝陽医院副院長「新型コロナウイルスはSARSより病状の進行が早い、酸素欠乏の進行が顕著。心臓にダメージが大きいので、救治困難」〜ネットの反応「明らかに日本の専門医としてコメント出してる人達と違ってますよね」

中国ニュース速報

人民日報 2月13日

北京朝陽医院副院長は「患者は呼吸困難の症状が出ている。新型コロナウイルスはSARSより病状の進行が早い、酸素欠乏の進行が顕著。心臓にダメージが大きいので、救治困難。患者の心拍数、血圧、血中酸素の変化に厳重注意を」と発表。#新型コロナウイルス

0 Shares