韓国は嘘の国「徴用工」「強制動員」「日本軍慰安婦」…みんな嘘 韓国でベストセラーになった、韓国人6人の学者共著『反日種族主義』の翻訳版を11月14日に文藝春秋が出版~ネットの反応「買いますw 英語版もヨロwww」

親日物議を醸したイ・ヨンフン元ソウル大学教授の書籍、『反日種族主義』の日本語翻訳版が来月14日に出版されると日本の月刊誌、『文藝春秋』が明らかにしました。

文藝春秋は11月号で、「翻訳版のタイトルは “反日種族主義、日韓危機の根源” で、韓国人が壮大な自己批判を試みた本なので、一読する価値がある」と主張しました。

また、「これまで韓国社会で強調してきた日本の植民地収奪と抵抗に関する歴史教育に立ち向かい、著者は日帝強占期に韓国が開発・成長したという、“植民地近代化論” の公論化を試みている」と明らかにしました。

文藝春秋はまた、慰安婦と強制徴用問題に関連して、「韓国で定説として受け入れられている慰安婦20万強制動員説が捏造されたという証拠と、独島(トクド)が韓国の地という主張に対する実証的批判などが盛り込まれた」と付け加えて紹介しました。

ソース:MBC(韓国語)
http://imnews.imbc.com/news/2019/world/article/5541542_24712.html
ネットの反応

名無し
ほぉ。
これはいいな。

名無し
邦訳じゃなくて、李先生が「日本語で」書いてる…
勝手に訳書にするとは凄まじい話だ

名無し
京大で”日本語”で講義するくらいだからな

名無し
買おうかな

名無し
買いますw 英語版もヨロwww

名無し
韓国でめっちゃ売れたんだろ

名無し
日本人ならみんな知ってるから、英語版を出してくれよ

名無し
朝日新聞やパヨ書店は、どのような攻撃、妨害をするか見物

名無し
久々に買って読んで見たい本
反日狂人だらけの中でこの本を執筆する勇気と誇りに称賛を

名無し
日本語版序文
はじめに
プロローグ 嘘の国
第1部 種族主義の記憶
1 荒唐無稽『アリラン』
2 片手にピストルを、片方に測量器を
3 食糧を収奪したって?
4 日本の植民地支配方式
5 「強制動員」の神話
6 果たして「強制労働」、「奴隷労働」だったのか
7 朝鮮人賃金差別の虚構性
8 陸軍特別志願兵、彼らは誰なのか!
9 もともと請求するものなどなかった――請求権協定の真実
10 厚顔無恥で愚かな韓日会談決死反対
第2部 種族主義の象徴と幻想
11 白頭山神話の内幕
12 独島、反日種族主義の最高象徴
13 鉄杭神話の真実
14 旧総督府庁舎の解体――大韓民国の歴史を消す
15 親日清算という詐欺劇
16 ネバー・エンディング・ストーリー ――「賠償!賠償!賠償!」
17 反日種族主義の神学
第3部 種族主義の牙城、慰安婦
18 我々の中の慰安婦
19 公娼制の成立と文化
20 日本軍慰安婦問題の真実
21 解放後の40余年間、慰安婦問題は存在しなかった
22 韓日関係が破綻するように
エピローグ 反日種族主義の報い

大体知ってる。

名無し
不都合な事実、ファクトの山に反日左翼、日本市民は絶叫、悶絶だろうなwwwww

名無し
韓国人が書いてるから日本のマスゴミも叩きにくいかな

名無し
叩かないだけで総勢でスルーして「なかったこと」にして終わり

名無し
いつまでそんな前時代な事をするんだろうな

名無し
日本の左翼は韓国人にハシゴをはずされちゃってどうすんだ?

名無し
朝日新聞と毎日新聞、東京(中日)新聞はまたも広告掲載拒否するのかな

0 Shares