自衛隊制服組トップの統幕長「海上自衛官にとって自衛艦旗は誇りとしての旗だ。降ろしていくことは絶対にない」

▼記事によると…

・自衛隊制服組トップの河野克俊統合幕僚長は4日の記者会見で、韓国側が求めている国際観艦式での自衛艦旗「旭日旗」の掲揚自粛について拒否する考えを示した。

「海上自衛官にとって自衛艦旗は誇りとしての旗だ。降ろしていくことは絶対にない」と強調した。「自衛艦旗については法律上、規則上、掲揚することになっている」とも述べた。

2018.10.4 17:03
https://www.sankei.com/politics/news/181004/plt1810040010-n1.html

▼ネット上のコメント

・当然ですね!

・わざわざ弱小国の要請に回答してあげただけでもありがたいとおもいなさいよ(・∀・)人(・∀・)ネー

・素晴らしい。よくぞ言ってくれた!

・かまってちゃん韓国の性質って言うのは、相手の誇りやプライドなんて、おかまいなしにねじ伏せる様に発言し、自分の自我を認めてくれないと、スネて攻撃的になるんだよね。ちなみに認めたとしても、認めるのが当たり前みたいな振る舞いをするからね!日本国は韓国の我を永遠に認めなくて良いですよ!

・降ろす事など、絶対にあってはなりません❗️やってはいけない事の、1番目❗️❗️

・記事にするまでもない。よく分からん事にはいちいち対応しなくて良い。

・堂々と、素晴らしいです!

・当たり前の事でしょ。こういうのにネチネチ文句つける国の方がおかしいわ。くどいのが文化って大変だねえ

・当然のこと!!!

・いいねぇ。いいよー。頑張れ海上自衛隊!

0 Shares