維新・松井代表「初当選のれいわ議員、介助費は自己負担で」「国会議員だから特別扱いするのは違う」

維新代表、介助費「自己負担で」 初当選のれいわ議員に
▼記事によると…

・日本維新の会の松井一郎代表(大阪市長)は30日、参院選でれいわ新選組から初当選した木村英子氏(54)ら、重い障害のある議員2人の介助費用について「どなたにも適用できるよう制度全体を変えるならいいが、国会議員だからといって特別扱いするのは違う」と述べ、自己負担で賄うべきだとの考えを示した。市役所で語った。

松井氏は「国会議員は高額所得でスタッフも付く。政治家は個人事業主だから、事業主の責任で(費用支出に)対応すべきだ」と主張した。

7/30(火) 19:23配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190730-00000155-kyodonews-pol
これは違う。根本的には法改正して、仕事であっても障害福祉サービスが使えるようにすべきですが、法改正が間に合わないもとでも、有権者が国民の代表として選んだ方々が、国民の代表としての活動ができるように必要な支援を公的に行なうのは当然のことではないでしょうか


▼ネット上のコメント
・聞いてる範囲だと維新の方が正しい気がしますね。歳費で人を雇えば良いのではないでしょうか。議員の特権になるようなら、少しおかしい気もします。

・国会議員だからと、安易に例外を認めるべきではありません。必要な介助費用は自らの歳費から賄われべきです。

・その通りだと思います。今回特別にするなら、全ての障害者にそうすべきでしょう。

・障害者議員に税金を使っていいとは私は認めたこと無いし、勝手に税金を使われることに違和感がある。

・その通りだと思います。国会議員だからといって特別扱いするなら何の職業でも公費で負担することにしないとおかしい。

・その通りだと思う。山本氏は参院国会議員の、会期中の昼夜問わずの働きを知っているはず。それでも当選するように仕向けたことに、何らかの意図を感じる。

・言いにくいことをよく発言したと思います。その制度に基づいて国民は生活しているのだから、国会議員がそれに反して特権的待遇を受けるのは間違っている。是非とも法改正に尽力していただきたい。

0 Shares