河村市長の座り込み抗議に、大村知事「常軌を逸してる。右翼団体の方々と共同でヘイトまがいのスピーチ」

表現の不自由展が再開

▼記事によると…

・あいちトリエンナーレで展示が中止されていた企画展が、8日再開されました。入場の抽選には、1300人以上が殺到し、会場の外では、再開に抗議する人の姿もみられた。

・鑑賞は2回のツアーのみで1回あたりを30人に限定。会場には1300人以上が殺到しましたが、大きなトラブルはなかった。

・一方、愛知県庁には、およそ200件の抗議の電話が寄せられたほか、会場の外では、名古屋市の河村たかし市長が、再開に抗議する座り込みを行いました。これに対して、愛知県の大村秀章知事は、ツイッターで「常軌を逸しています」などと非難。

9日 3時50分
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3798808.html


▼ネット上のコメント
・これも公務ですか?

・やってる事は反日韓国人と同レベルいいのそれで?

・これ、衝撃的だよ。現にトリエンナーレへの供託金3300万円支払いを保留している、そのような権限を持つ市長(=権力者)が座り込みを組織してるんだから。

・河村市長を応援します。

・この座り込みも表現の自由だな。他人の表現の自由を否定するのも表現の自由だなですよね大村知事?

・自分も展示物になる事で展示会を盛り上げるとは

・デモも表現の自由だからどっちもどっちだろ

0 Shares