安倍首相「韓国が国と国との約束を守らないことが明確になった。貿易管理でも恐らくきちんと守れないと思うのは当然だ」北朝鮮との関連性を示唆 韓国ネット「日本海上で、エッチングガスやフッ酸のような化学兵器用途に変更可能な製品を積み替えたのではないか?」

 安倍晋三首相は7日のフジテレビ番組で、日本が韓国向け半導体材料の輸出管理を強化した理由について「(韓国側に)不適切な事案があった」と強調した。

ただ、具体的な説明は避け、韓国が輸入品を北朝鮮に横流ししているとの見方に関しても「個別のことについて申し上げるのは差し控える」と述べた。

首相は韓国に厳格な輸出管理を要求。元徴用工問題に触れ、「国と国との約束を守らないことが明確になった。貿易管理でも恐らくきちんと守れないと思うのは当然だ」と述べ、日本側の措置の正当性を主張した。

番組は参院選の党首討論。公明党の山口那津男代表は「(日韓の)信頼関係が損なわれたということであれば、政府の行いは妥当だ」と支持。立憲民主党の枝野幸男代表は「理由がよく分からない。徴用工問題に対する報復と受け取られても仕方がない」と強調し、国民民主党の玉木雄一郎代表も「首相の説明はよく分からない」と同調した。

共産党の志位和夫委員長は「政治的な紛争の解決に貿易の問題を使うことは禁じ手だ」と政府を批判。社民党の吉川元幹事長は、首相が自由貿易を標ぼうしていることを指摘し、輸出規制は「真逆のことではないか」と述べた。日本維新の会の松井一郎代表は「安全保障上の問題であれば、米国の力も借りて北朝鮮に圧力をかけるべきだ」と語った。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190707-00000028-jij-pol

※毎度おなじみの韓国掲示板翻訳サイト「カイカイ反応通信」さんからの引用です。全文はカイカイ反応通信さんでどうぞ。

※カイカイ反応通信さんの韓国語翻訳ニュースを転載

聯合ニュース

日本の安倍「韓国、対北制裁守らなければならない」…報復措置関連言及

日本の安倍晋三首相が、韓国に断行した「強制徴用判決報復措置」と関連し、北韓との関連性を示唆したと共同通信と時事通信などが7日に報じた。

安倍首相はこの日、BSフジTVに出演し、韓国に対する「輸出規制強化」の理由について、「不適切な事案」を挙げ、韓国は北韓に対して制裁を適切に守らなければならないと述べた。

日本政府は4日、日本のメーカーが半導体材料の3つの項目を韓国企業に輸出する際、手続きを厳しくする制裁を断行し、「韓国との信頼関係」「輸出管理をめ​​ぐり、不適切な事案が発生」など、2つのことを理由に上げた。

このうち、「不適切な事案が発生」について、詳細な説明をしていなかったが、安倍首相は北韓と関連があることを示唆するような発言をした。

安倍首相は、「韓国は、(対北)制裁を守っている、(北韓に対して)適切な貿易管理をしていると言っている」とし、「(しかし)徴用工(強制徴用)問題について、国際的な約束を守らないことが明確になった。貿易管理も守らないと思うのは当然のことだ」と述べた。

それと共に、詳細については、「個々の事項については言及を避けたい」と述べた。

この日の安倍首相の発言は、側近である萩生田光一自民党幹事長代行が今月5日、BSフジTVに出演した際に発した発言と脈絡を共にする。

萩生田代行は、「(化学物質の)行き先を知ることができない状況が発生した。軍事用途への転用が可能な物品が北韓に流れていく恐れがある」と述べている。

安倍首相はまた、「国と国の約束を守れないのであれば、、いわゆる特例的な対応をしてきたことをやめるということ」とし、「(これまでの)特別な措置をやめるということなので、禁輸(措置)ではない」と述べたとFNN(フジニュースネットワーク)は、伝えた。

ブルームバーグ通信によると、今回の措置が「徴用工問題」の「対抗(報復)措置ではない」と改めて主張した。

安倍首相は、司会者が今回の措置の理由について、北韓などの大量破壊兵器の製造に専用されているような物質が流れたことが問題だったのかと尋ねると、「この場で、個々のことについて申し上げることは差し控えたい」としたら、即答を避けた。

しかし彼は、「正確な輸出管理をしていると確実に提示してくれなければ、我々は(該当項目を)送り出すことはできない」との主張を繰り広げた。

この日、安倍総理の発言が出たBSフジTV番組は、参院選(21日投開票)を控えた与野党代表討論会であった。

この番組では、自民党総裁である安倍首相を除く政党の代表たちは口をそろえて、日本政府の報復措置について批判した。

連立与党の公明党の山口那津男代表は、「信頼関係が壊れたとすれば、政府が行うのは妥協である」と指摘し、自民党との見解の違いを見せた。

第1野党の立憲民主党の枝野幸男代表は、「(措置の)理由が何なのか分からない。徴用工問題に対する報復だと受け取られても仕方がない」と指摘した。

その他野党の国民民主党の玉木雄一郎代表は、「首相の説明は(何を言っている)よく分からない」と批判し、志位和夫共産党委員長は、「政治的な紛争に貿易問題を使うことはやってはならないこと」と指摘した。

保守野党の「日本維新の会」の松井一郎代表さえも、「安全保障上の問題がある場合は、米国の力を借りて、北朝鮮に圧力をかけるべき」と安倍政権の措置について否定的な考えを示した。

http://naver.me/GP6aT3O9

0 Shares