中央日報『韓日旅行絶壁、日本の被害のほうが大きい…来年の日本成長率0.1%ポイント↓』

韓日旅行絶壁、日本の被害のほうが大きい…来年の日本成長率0.1%ポイント↓
<中央日報> 2019年08月13日15時24分
全文はこちら
▼ 記事によると…
・このまま韓国人の日本旅行不買運動が続けば、日本の来年経済成長率が0.1%ポイント下落するとの見通しが出てきた。韓日旅行の絶壁で韓国よりも日本の被害が倍に達するという分析だ。

・韓国人観光客が減少すれば日本雇用市場にも影響を及ぼし、9万5700個件の雇用が減る。

・このような旅行絶壁が持続した場合、両国の消費者と観光産業の被害が大きくなる可能性がある。チュ研究室長は「日本の被害のほうが大きくはあるが、未来産業である国内観光産業の競争力を高めるためには外交葛藤が経済戦争に拡散することを防ぎ、観光産業を育成しなければならない」と話した。
▼ネット上のコメント
たった0.1パーなんだ。もっと下がるんかと思ってたわ
ソースは韓国メディアw
自己評価高い・・というか、妄想だもんなぁ
そっかぁ〜winwinってことだね!
日本にダメージを与えてると思い込みたいでしょうが他国からの観光客が穴を埋めていますから思い通りにはならないです。単に韓国人数が減る以外に影響は有りません。
韓国航空会社や韓国旅行会社は死にそうなんだが。韓国旅行会社は国から補助してもらって延命してる有様。このまま来ないでもらいたい。
どっちにしろウォン安円高で来れないんじゃなイカ
日本のダメージが大きい、一矢報いた、と思いたいよね(笑)

0 Shares