中国・王毅外相、新型ウイルス対策を自賛「国外の感染者数は全体の1%以下。世界のために多大な努力払った」

中国外相が自賛「世界のために多大な努力」 新型肺炎対応


▼記事によると…

・中国の王毅国務委員兼外相は15日、ドイツ・ミュンヘンで開催中の「ミュンヘン安全保障会議」で演説した。王氏は中国湖北省武漢から世界に感染が拡大した新型コロナウイルスについて、国外の感染者数が全体の1%以下にとどまっていることに触れて「中国は世界の公衆衛生のために多大な努力を払った」と自賛した。

・多くの国の首脳が中国政府の対応を称賛していると主張し、「対応の迅速さと規模、有効性は中国の(政治)体制の優位性を示している」と誇った。

・「病例の多くは治癒可能だ」とし、「困難は一時的なもの」だと述べた。さらに、中国経済と社会は「安定した持続的な発展」を継続できるとの自信もみせた。

2020.2.15 22:42
https://www.sankei.com/world/news/200215/wor2002150031-n1.html
>>『産経新聞』のご購読お申し込みはこちら
▼ネット上のコメント
・は?

・世界を混乱にわざと?陥れて自画自賛はないわ.....

・寝言は夢の中で言え😡

・これだけ迷惑かけておいてどんな面してるんだと。相変わらず信頼できない国家です。

・どういう計算で?🙁払ったのは本当に努力?😰

・中国政府の公式発表の数字を信じる人なんておらんやろ

・まず、世界の方々に「ご迷惑をおかけして申し訳ありません」だろう。それから言ってから物を言え!

0 Shares