ご飯を食べずグズる息子にパパが「ある一言」。すると食事が一気に楽しくなった…!

全国のお父さん、お母さん。
お子さんをお持ちの皆さんは、一度はこんな経験をされたことがあるのではないでしょうか?

「子供たちが全く言うことを聞いてくれない・・・」

言うことを聞かず、走り回りながら様々な物を撒き散らす子供の行動に、お父さん、お母さんは片付けながら後を追うこともあるかと思います。

そんなとき、

「うちの子、本当に大丈夫かな?」
「育て方が悪いのかな?」

なんてネガティブな思いを募らせたこともあるかと思います。

今回ご紹介するのは、普段なかなか家に帰ってこれない多忙なお父さんが、走り回る我が子に諭したある言葉。

この言葉が子供の心に突き刺さり、そして子供の行動が改善され、そしてお母さんもその言葉から様々なことを感じ取る心温まるエピソードです。

皆さんはこのエピソードを読み、どう感じますか?

私には二人の息子がいます。
長男(太郎)は3歳半
次男(次郎)は1歳です。

最近長男が

『ごはん食べたくない!!たろう、おかし食べる!』

と、ろくに食事をしないで間食ばかりしてしまうのです。

その日もいつものように私と長男、次男の3人で夕食をとっていました。

手がかかる次男の近くに私が座って、困惑しながらも手づかみ食べを見守っています。
すると、玄関のドアが開きパパ(主人)が帰ってきました。

平日の子供たちの食事の時間に帰れることはとても珍しいので、子供たちは大はしゃぎでした。

しばらくしてごはんをまだ全体の2割も食べていないうちにいつものように長男が

『もうおなかいっぱーい!
アイスにしよ!』

と言いました。

私は、こう言われることに慣れてしまっていたのと、次男がまき散らかすお米や汁物の処理に気を取られていて、この発言をあまり深く受け止めてあげられませんでした。

そこで主人がゆっくりと立ち上がりソファへ移動してから長男を呼びました。

『太郎、パパの膝に座って、少し話そう。』

アイスを食べたくて仕方のない長男はアイスを取って行こうとしたのですが、主人はそれをさせませんでした。

長男は、今アイスを食べさせてもらえないことに怒ったり泣いたりして、主人の膝に乗るまで時間がかかりましたが、やがて長男と主人は向かい合って目を見て話し始めました。

私は、ごはんを食べないことを怒ってくれるのかなぁ。と内心ニヤニヤ。
『太郎、よくママにプレゼント作ってあげるよね?』

『うん、今日もね、お花とって、かみでつつんで、あげたの』

『ママ、なんて言った?』

『ママ、うれしいっていった。そこにかざってあるよ!』
と一輪ざしを指さして。

『じゃあね、ママが「太郎のプレゼントなんかいらないこんなお花じゃなくて他のがいい」って言ったらどんな気持ち?』

『・・・(ショックを受けて)いやだあ』

口がへの字に曲がってまぶたから顔全体が真っ赤になって涙が溢れてきました。
もともとご機嫌ナナメなことも要因ですがこの会話だけで本気で傷つきショックを受ける子供の想像力はすごい。

『ママが毎日作ってくれるご飯はね、お前へのプレゼントなんだよ。
太郎が喜んでくれると思って、嬉しい気持ちで作ってるんだ。
それは、お前がママのためにお花をつんでいるときの気持ちと同じだね。』

『うん・・・(泣いている)』
『ママはね、お前のために一生懸命作ったプレゼントをいらないって言われて毎日自分で捨ててるんだよ。
どんな気持ちかな。』

太郎は大きな声で、
『ごめんなさいママ~』
と言いながら、泣きました。

主人の言葉。
向かい合う姿勢。
プレゼントという言葉。
全てが、長男に染み込んでいくのがわかりました。

しかし長男は泣きながらこうも言いました。

『ママといっしょにたべたかったんだもんー、あちゅまれしてほしいんだもんー』

今度はこれが私に刺さりました。

正直、毎日の食事では次男にばかり気を取られていました。
ごはんをこぼすしまき散らすからといって、自分はほとんど座らず片付けてばかりゆっくり食べることもなかった。

『お兄ちゃんは自分で食べられるから偉いね』
という本意は

『1人でしっかり食べてね』
だったのかもしれない。

次男も一緒に食事をするようになってからそういえば長男は『あちゅまれして』と言わなくなった。
『あつまれ』とはお皿に散在しているご飯をスプーンでかき集めること。

昔はよく言ってたけど成長したんだなぁ、なんて勝手に思っていました。

でも違った。
ママこそ本当にごめんなさい。
ごはんを食べなくなってしまったのには、とても大きな理由があったんだね。
どんなに凝ったご飯より、ママがきみを想ってちゃんと一緒に食べることが一番のプレゼントになるんだね。

長男は『あつまれ』をしてほしかったんだ。
3人でいるのにひとりぼっちを感じていたんだ。
と気付けたのです。

それから私は長男と次男とのご飯が楽しみになりました。

『ママのぷれじぇんとぜーんぶピカリン(残さずキレイに食べること)しちゃうもんね~』
とはりきってくれています。

普段はほとんど家にいない主人ですが、彼もこうして大きなプレゼントをくれます。
家族のことをよく見てくれている、それが本当にありがたいし、一番効果的な育児をしてくれていると思います。
おむつを替えるよりミルクをつくるより、ずっとね。

いかがでしたか?
一番手がかかる年代の子供を二人抱えた、あるご家族のお話。

子供たちのひねくれた態度には、ある真意が隠されていたました。

まだまだ世話の必要な次男ばかり見てしまい、少し手が離れた長男のことを見てあげることのできなかったお母さん。
しかし、お父さんが子供を諭した言葉から、長男の本音を聞くことができ、毎日の食事を楽しくすることができたようですね。

できないことを叱るのではなく、諭すように語りかけるお父さんもとても素晴らしいです!

皆さんのご家庭でも、このように子供たちが暴れまわっているのであれば、子供であっても一度真剣に向き合って話すことが効果的だと気付かされるエピソードでした。