これ知ってる…?高速道路で”乗り過ごした時”に前のICへ戻れる方法とは?

皆さんが旅行やお仕事でよく使用する高速道路。

同乗者の人と話し込んでいたり、ラジオに夢中になっていたりして、目的のICを通り過ぎてしまったり、JCTの方向を間違えてしまったりして、違う方向へ行ってしまった経験はありませんか?

そんな失敗をしてしまった時は、逆走するわけにもいかず、次のICで降りてUターンをし、お金を払い再び高速道路に入り目的ICに向かうか、一般道で目的地に向かうのが一般的かと思います。

しかし、それでは余分にお金を払うか、遠回りする時間がもったいないですよね。
そんな時、今回ご紹介するルールを知っておけば、余分な時間とお金をかけずに済むのです!

今回、そんな高速道路での『知らないと絶対に損する』とっておきの手段をご紹介します。

そのルールとは『特別転回』

間違えてしまった時、最寄りのICの係員に申し出たら『特別転回』という特別処置を受けて、目的のICへと引き返すことができるのです!

この『特別転回』を行う手順は次の通りです。

まず、最寄りのICに向かい、【一般】のゲートに向かいます。
これは、係員さんにお願いしないといけないので、有人である【一般】のゲートでないといけません。

そして、料金所の係員さんに、乗り過ごしてしまった旨を説明し、通行券を提示しましょう。
すると通行券に【特別転回承認】の印を押してもらえます。
ETC利用の場合は、通行券の代わりにETCカードを提示しましょう。

引用

そしていったん一般道に出て、料金所へと戻ります。
再度【一般】の入り口ゲートに向かい、先ほどの通行券、ETCカードを提示すると、手動でゲートを開けてもらえ、高速道路へ入ることができます!
これで目的のICまで、余分なお金を払わず向かうことができるという”特別転回”の流れです。

しかし、この『特別転回』ですが『有人』ゲートがない場所では、使えません。
無人である場合、最寄りのICで降りて一般道を戻るか、高速道路に入り直す必要があります。
その場合はもちろん『特別転回』はできませんのでご注意ください。

とはいえ、このルールは『特別』とあるように、通常は高速道路に異常がある場合に利用される処置です。
本来はこのルールを利用しないように済むのが一番ですよね。
目的地が近づいてきたら、間違えないように集中をして運転をしていきましょう!

そんな万が一の時に知っておくと便利な高速道路の特別処置をご紹介しました♪