【徴用工判決】テキサス親父こと、トニー氏「国家ぐるみの詐欺」「韓国には『恥』という概念がないのか?」

【痛快!テキサス親父】徴用工判決は「国家ぐるみの詐欺」では? 韓国には「恥」という概念がないのか

▼トニー・マラーノ氏の記事より…

・韓国最高裁は今回、国家間の条約や歴史を無視して、日本企業に賠償命令を出した。世界に向けて「わが国は法治国家ではない」と宣言したようなものだ。そして、文在寅(ムン・ジェイン)大統領率いる韓国政府は「司法府の判断を尊重する」と、うそぶいているという。

・こんなヒドイ話はないぜ。親が子供の給料を会社からネコババしておきながら、子供は給料を親ではなく会社に請求しているようなトンチンカンな話だぜ。二重請求だろ? 自国民をダマして、ダマしきれなくなったら、形だけの裁判所を使って日本企業に支払い命令を出したといえる。「国家ぐるみの詐欺」と言われても仕方ないんじゃないか?

・文氏は、米国でも「北朝鮮の代理人」として有名だが、やはり信用できないリーダーだな。韓国には「恥」という概念がないのか?

https://www.zakzak.co.jp/soc/news/181106/soc1811060003-n1.html

▼ネット上のコメント

・両班文化に恥の概念はない。あるのはねじ曲がった恨みの文化だけ😱

・恥と言う言葉も気持ちも持ち合わせておりません

・普通に考えたら、二重請求ですが、普通ではないのが韓国なのです

・恥の概念も無いけど、日本が統治するまでは「約束」という言葉もなかったそうだけどホンマかいな?

・いいぞ親父😄

・韓国に「恥」の概念はあります。ただし、日本と違うのは「恥」はかかされるだけのものであることです。韓国人は「恥をかかされた」と相手を非難するだけなのです。

・恥の概念が 徳 と思っている人達です!

・朝鮮民族に「恥」という言葉は有りません。「恥」があれば、軍に付いて回った「売春婦」が公けの席で喚き騒ぎ”私は売春婦”と言いません。

・◎無いから、韓国人なのです!

・国としてのプライドがないから恥の概念もない

0 Shares