【一帯一路】経団連・中西会長「中国側は日本側に協力を求めている。大きなチャンス」→ 石平「大馬鹿である」

財界首脳ら訪中=9日から、北京と浙江省

▼記事によると…

・経済界のトップらが参加して中国との交流を進める日中経済協会(会長・宗岡正二新日鉄住金会長)の訪中団が、9月9~15日の日程で、北京と浙江省を訪問する。経団連の中西宏明会長や日本商工会議所の三村明夫会頭ら約240人が参加。習近平国家主席や李克強首相との会談を中国側に要請している。

東京都内で31日開いた結団式で、宗岡氏は「日中関係は既に強い信頼関係を取り戻しつつある」と強調。中西氏は、中国が推進するシルクロード経済圏構想「一帯一路」などを挙げ、「中国側は日本側に協力を求めている。大きなチャンスが来ている」と述べ、ビジネス拡大に期待を示した。

2018/08/31-19:12
https://www.jiji.com/jc/article?k=2018083101131&g=eco

経団連の中西会長は「一帯一路」について、「中国は日本に協力を求めている。大きなチャンスが来ている」と言う。

しかし一帯一路は今、欧米諸国から批判されアジア諸国からも拒否されている。

だからこそ中国は日本に「協力」を求めてくるのだが、それを「チャンス」と捉えるとはただの大馬鹿である。

▼ネット上のコメント

・中国の言う「協力」は、「従属」に近いもの、という印象がありますからね。そもそも人権物権ともに権利意識が希薄で、個人ではなく党とは言え独裁政権下の拡大主義国家です。不用意な接近はつけこまれる隙を生むだけなのではないでしょうか。

・この経団連会長は、本当にク◯ですね😱!本当に、中国の事が分かっていないですね😱!

・弱って来たところを叩くのが鉄則です!

・日本を転覆させるチャンスと解釈すれば成る程チャンスなのかなあと思えなくもない

・飛行機に乗せられない重量物を欧州まで20日で届けられるようになれば、輸出企業のSCMにとって大きなプラスと思います。ただ、無くてはならない物になった途端揺さぶってくるんでしょうね。

・米中貿易戦争でどちらが勝つかは明らかに米国の勝ち。日本は米国とパートナーになるなら。中国と手を組んではダメだし、ものが言える日本でない限り「一帯一路」に入っちゃダメ。

・又天安門の時みたいに利用されるのかよ、いい加減学習しろよ、ア◯経団連

・中国も、世界から叩かれると日本を頼り利用するよね。でも、反日教育もやめないし、慰安婦問題で日本叩きを世界で展開するし、靖国参拝すらさせない。日本人がどんだけ技術経済協力しても、信頼友好は築かれず、利用されバ◯にして笑ってるw

・こんなのが会長?誰もリスクをレクチャーする人がいないのか?

・経団連に騙されてはいけませんね…

 

0 Shares