「これ、知ってる?」飛行機の離着陸時に、室内灯を消灯する”ホントの理由”

元国際線パイロットの男性が語ってくれた””飛行機の色々””

このお正月休みで、海外に旅行へ行かれた方も多いのではないでしょうか。

今や、世界各国へ旅する事が出来、色々な世界を目で見てその場で実際に体験する事ができます。

そんな私たちの旅に欠かせないのが飛行機

飛行機が私たちの生活にとって身近であるが故に、世界どんな場所でも足を運ぶ事が可能になっています。

皆が利用する飛行機には、様々なルールが儲けられ、安全で快適な空の旅をバックアップしている事も忘れてはいけない重要な事でしょう。

今回は、そんな飛行機に関する豆知識を一つご紹介。

離発着時に必ず行う、《窓の日よけを開ける》《室内灯の消灯》この作業を行う理由が、かなり現実的で少しゾッとするものだった事、ご存知でしたか?

離発着時に必ず行う《窓の日よけを開ける》《室内灯の消灯》この作業。

これは、人間の目と飛行機の緊急時に相関しているそうです。

先ず、飛行機は離発着時が最も墜落含め何らかのトラブルが発生しやすいのです。

そして、墜落や機体トラブルで電気系統が故障している場合、緊急着陸時に漆黒の海や脱出環境が良好でないと、避難の際に二次トラブルを招きかねません。

そのため事前に機内灯を消灯し、日よけを開けておく事で人間の目を常に外と同じ状況=暗闇に慣れている状況下にしておくためなのです。

こうする事で、緊急時スムーズに避難をする事が出来る様、事前対策として講じているのだとか。

かなりオブラートに包んだ表現をしましたが、要するに【墜落時に備えている】という事も言えますね。

とても重要な事ですが、少しゾッとします…。