「この3通の遺書を見て、どう思う?」二度と戦争を繰り返さないために、知るべき内容とは

第二次世界大戦によってあまりに多くの命を失った私たちは、二度と戦争を繰り返さないと誓いました。
しかし世界を見渡してみると、今なお多くの軍事紛争が行われ、今この瞬間も幾多の命が残虐な戦闘により奪われています。
国としては明確に武力行為による戦闘への参加は今後もないというスタンスが現時点で見受けられますが、イスラム国の様な脅威もより身近に感じる様になった今、様々な「可能性」が議論されているのも事実です。

しかし、私たちは、絶対に戦争を繰り返してはならない。
あの時、「こんなにも苦しい想い」をした歴史を、絶対に繰り返してはならない・・・。

ここで紹介するのは、第二次世界大戦時に残された、『3通』の遺書。
そこには、我々現代人には想像もつかない様な、「戦争により命を失うことを覚悟した人間の想い」が綴られているのです。

 僕はもうお母さんの顔を見られなくなるかもしれない。
お母さん、よく顔を見せてください。
しかし、僕は何んにも「カタミ」を残したくないんです。
十年も二十年も過ぎてから「カタミ」を見てお母さんを泣かせるからです。
お母さん、僕が郡山を去る日、自分の家の上空を飛びます。

茂木三郎少尉 神風特別攻撃隊第5神剣隊
昭和20年5月4日沖縄周辺にて特攻戦死 19歳
>引用:
「特攻出撃に際して」遺言

我一生、ここに定まる
お父さんへ、いふことなし。
お母さんへ、ご安心ください。決して卑怯な死に方をしないです。お母さんの子ですもの。
それだけで僕は幸福なのです。
日本万歳、万歳、かう叫びつつ死んでいった幾多の先輩達のことを考へます。
お母さん、お母さん、お母さん、お母さん! かう叫びたい気持ちで一杯です。何か言ってください。
一言でも十分です。いかに冷静になって考へても、何時も何時も浮かんでくるのはご両親様の顔です。
父ちゃん! 母ちゃん! 僕は何度でも呼びます。

(中略)

お母さん、決して泣かないでください。
修が日本の飛行軍人であったことに就いて、大きな誇りを持ってください。
勇ましい爆音を立てて先輩が飛んでいきます。
ではまた。

海軍中尉 富田 修 二十三歳
昭和19年9月25日台湾高雄西海上にて戦死
引用:
「父ちゃん!母ちゃん!」遺言

 母上様お元気ですか
永い間本当に有難うございました
我六歳の時より育て下されし母
継母とは言え世の此の種の女にある如き
不祥事は一度たりとてなく
慈しみ育て下されし母
有り難い母 尊い母

俺は幸福だった
遂に最後迄「お母さん」と呼ばざりし俺
幾度か思い切って呼ばんとしたが
何と意志薄弱な俺だったろう
母上お許し下さい
さぞ淋しかったでしょう
今こそ大声で呼ばして頂きます
お母さん お母さん お母さんと

相花信夫 海軍少尉 第七十七振武隊
昭和二十年五月四日出撃戦死 十八歳
引用:
「母を慕いて」遺言

如何だったでしょうか。
皆、10代・20代の、未来ある若者です。
この人達の未来が奪われた結果、今、私たちは「戦争は繰り返してはいけない」と声を高らかに語ることができているのです。
尊い、大勢の犠牲があったから・・・。

この歴史を繰り返すということは、どれほど、人間として愚かなことか。

「戦争は繰り返してはいけない!」と伝えるのは、本当に良いことです。
その声が多ければ多いだけ、戦争が繰り返される可能性は少なくなるでしょう。
しかし、「なぜ、繰り返していけないか」を、もっと直視しなければいけない。
そうする事で、その言葉に、本当に意味が宿る様な気がするから。

彼らの想いを載せた遺書が、その意味の解にヒントになる事を祈って、今、ここでご紹介させて頂きました。